オルビス ユーローション

頬から実感する見た目年齢の変化を目指すオルビスユーローションは、とろけるようなみずみずしさが染み渡る化粧水です。肌の内側が潤うことで、肌本来のハリ感・ツヤ感・明るさを取り戻します。

オルビス ユーローションの特徴

コンセプトは「細胞フィットネス」
目指すはダメージに強い肌

美しさを「引き出す」から「鍛える」へ進化させた化粧水です。健やかな状態の肌細胞を保つことで、外部環境・ストレス・年齢による変化を迎え撃てる強い肌に近づけてくれます。高保湿成分の「濃密ウォータージェリー」によって、グングン染み込むのにベタつかないしっとり肌を体感できます。

脱水状態の細胞をうるおいで満たす

美容成分を内包したローションで、乾燥で痩せた肌細胞をみずみずしい本来の姿を目指してケア。肌細胞がうるおいに満たされれば、内側から湧き上がるようなハリ感を実感できます。

水の通り道をつくり、うるおいを「巡らせる 」

「キーポリンブースター3成分」が角層全体に水の通り道を作り、肌細胞のすみずみまでうるおいで満たします。すみずみまで潤った肌細胞は、肌本来の力を発揮しやすくなり、年齢による悩みを寄せ付けないダメージに強い肌に導きます。

オルビスユーローションの使用方法

  1. 清潔な手かコットンに適量の化粧水(ティースプーン半分程)を出します。
  2. 面積の広い部分(頬・額など)から、下から上へ優しく押さえ込むようにして馴染ませます。
  3. 肌全体に化粧水が行き渡ったら、清潔な手で顔全体を約5秒間抑えこみ、しっかりと肌に馴染ませます。

オルビスユーローションを利用した人の口コミ

  • ここ数年、年齢による肌の変化が気になっていました。リニューアルしたオルビスユーローションを使ってみたところ、1ヶ月ほどで少し若々しい印象になった気がします。トロッとしたテクスチャですが、肌の上でパシャパシャに変化する使用感がお気に入りで、たっぷり使いたくなります。ストック分も何本か購入しました。
  • 結婚を機にコスパを考えるようになり、有名メーカーから評価の高いオルビスユーローションに変えました。初めて体験する「とろみのあるテクスチャ」にびっくり!保湿力が高いので、すごく乾燥している私の肌にあったケアが出来ている気がします。このまましばらくリピートします!
  • とろみがあるおかげで伸びが良く、使用感はうるうるモチモチ。しっかりと肌が潤ってくれる気がします。肌も柔らかくなったかもしれません!

オルビスユーローションの全成分

機能性成分

ジグリセリン、プロパンジオール、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75

それ以外の美容成分

水、BG、グリセリン、PPG-24、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

角質層にうるおいを与える成分

キーポリンブースター3成分

「アマモエキス、モモ葉エキス、ヤグルマギク花エキス」のキーポリンブースター3成分が、「アクアポリン」と呼ばれる角層全体に水を巡らせる通り道にアプローチし、水分子を巡回させます。角層内の水分が停滞せずに流れるように行き渡ることで、うるおいとハリ感を与え、肌本来の力を引き出します。

濃密ウォータージェリー

配合成分のPEG-75、プロパンジオールから出来た「濃密ウォータージェリー」を、従来の約3倍配合。リッチなコクを生み出します。「水ワセリン」のようなリッチなコクのあるテクスチャは、肌の上でパシャッと弾けて肌に浸透。角層の奥まで水分を届けたら再び膜状になり、うるおいを肌に閉じ込めます。