イドラビオ モイスチャライジングローション

生物学者と皮膚科学者によって開発された、肌に優しい処方のイドラビオ モイスチャライジングローション。弱酸性・低刺激処方はもちろん、独自の「複合体保湿成分」で潤いが長時間続く健やかな肌へと導く化粧水です。

イドラビオ モイスチャライジングローションの特徴

水の通り道「アクアポリン」に着目して乾きにくい肌へ導く

イドラビオ モイスチャライジングローションは、表皮内に存在する「アクアポリン」に着目して開発された化粧水です。「アクアポリン」は、角層内に張り巡らされた水路のようなもの。血管が存在しない表皮では、アクアポリンが肌へ巡らせる栄養素を運んでいるのです。独自アクアジェニウムがこの「アクアポリン」を通じて、潤いが長時間続く肌へと導いてくれます。

肌への負担が少ないシンプル処方

イドラビオ モイスチャライジングローションは、無着色・アルコール無添加・オイル無添加・パラベン無添加で、お肌と同じ弱酸性の化粧水。刺激が少なく、肌に優しい処方です。

また「ノンコメドジェニックテスト済み」のため、ニキビのもとである「コメド」が発生しにくい化粧水です。

イドラビオ モイスチャライジングローションの使用方法

  1. クレンジング・洗顔後、清潔な手のひら、またはコットンに適量をとります
  2. 顔全体に、ローションを優しくなじませます
  3. 肌全体に潤いが行きわたるように、乾燥している部分にはたっぷりと重ね付けしましょう

「イドラビオ モイスチャライジングローション」を利用した人の口コミ

  • 使用後の肌は、適度にもっちりするので気に入っています。アルコールが入っているとヒリヒリとしみる私の肌でも、アルコールフリーなので気にせずにたくさん使えます。香りは好みが分かれるようですが、フローラルな女性らしい香りで私は好きです。
  • リーズナブルなアイテムなので、パシャパシャたくさん使っています。吸い付くようなベタつきはなく、それなのにしっかりと潤うシンプルな「保湿重視の化粧水」だと思います。もっとたくさんの人に使ってみて欲しいです!
  • 水のようにサラサラで、さっぱり使えます。だからベタつきが気になる春夏のスキンケアでも使えますよ。コットンパックをするとお肌がしっとり潤って、キメが整ったような気がします。爽やかな香りが心地よく、ベタベタと肌表面に残らないので、次に使う美容液の浸透を妨げている感覚がありません。

イドラビオ モイスチャライジングローションの全成分

機能性成分

リンゴエキス、ナイアシンアミド、マンニトール、キシリトール、ラムノース、アラントイン、

それ以外の美容成分

水、グリセリン、ポリソルベート20、EDTA−2Na、セトリモニウムブロミド、香料、フルクトオリゴ糖、ヘキシルデカノール、 水酸化Na、クエン酸

角質層にうるおいを与える成分

成分名:D.A.F. (マンニトール、キシリトール、ラムノース)

「D.A.F.(Dermatological Advanced Formulation)」は、複合体保湿成分です。ビオデルマが独自に開発した複合体保湿成分で、生物学者と皮膚科学者が連携して研究開発されたもの。敏感肌のための独自処方で「肌への優しさ」「保湿力」にこだわり、ハリのある健やかな肌へ整える成分です。

成分名:リンゴエキス

刺激の少ない、優しく潤う保湿成分です。

肌を整える成分

成分名:ナイアシンアミド

肌内部のセラミド合成を助ける「バリア機能の改善作用」やコラーゲンの減少の改善作用が期待されている成分です。