敏感肌さんが洗顔で気を付けるポイント

「ダブル洗顔は敏感肌に必要ない」という意見もありますが、本当に不要なのでしょうか?敏感肌さんにもダブル洗顔が必要な理由、肌荒れ、乾燥など肌トラブルを引き起こさない正しい洗顔方法をご紹介します。

そもそも敏感肌さんにダブル洗顔は必要なの?

ダブル洗顔とはクレンジングと洗顔を分けて、2回顔を洗うことです。1回目のクレンジングでメイクの汚れを落とし、2回目の洗顔料で毛穴に詰まった皮脂の汚れを落とします。化粧品は油分が多く含まれているので、水性の汚れを落とす洗顔料だけでは完全にメイクの汚れはとれません。

また、洗顔料を泡立てることで、毛穴の奥の皮脂汚れがキレイに洗い流せます。ぬるま湯でクレンジングするだけでは毛穴の奥の汚れを洗い流せないこともあります。クレンジングと洗顔では落としたい汚れの質がちがうため、敏感肌でもダブル洗顔は必要です。

肌荒れ・乾燥を引き起こさない、正しい洗顔方法

1.手をしっかり洗ってから、洗顔料を手に取る

洗顔を行う前にしっかり手を洗いましょう。あまり知られていませんが、手に汚れや油分がついていると、洗顔料の泡立ちが悪くなり、毛穴の奥の汚れが十分にとれません。また、雑菌がついた手で洗顔するとかえって肌トラブルの原因となります。洗顔前は次の手順に従って手を洗いましょう。

  1. ぬるま湯で手を洗い、石鹸をつけて手でしっかりと泡立てる
  2. 手のひら、手の甲をこすり合わせ、指の間は両手を組むようにしてこすり洗いする
  3. 石鹸の泡と汚れをぬるま湯で洗い流して、洗顔料を手に取る

2.しっかりと泡立て、包み込むように洗う

洗顔料をしっかり泡立てることで、泡の表面積が増え、それに比例して汚れとの接触面が増えるので、少ない洗顔料で効率よく汚れが落とせます。

また、泡がクッションとなって手とお肌の摩擦を抑えて、余計な肌トラブルの原因を防いでくれます。洗顔前の泡立てはしっかり行いましょう。泡立てが面倒な人は、泡立てネットや泡タイプの洗顔料を使ってみてください。

皮脂の多い額や小鼻からはじめ、皮脂が少なくて乾燥しやすい頬や目元、口元は優しく泡を伸ばします。洗い忘れの多い、耳の前や口やあごのまわりも最後に鏡で確認しながらしっかり洗いましょう。どの部位も泡で包み込むようにして優しく洗うようにしてください。こすらないよう注意しましょう。

3.冷たすぎる水や熱すぎるお湯ではなく、適温のぬるま湯ですすぐ

泡を洗い流すときは適度のぬるま湯ですすぎましょう。

敏感肌や乾燥肌の人は30~34℃前後のぬるま湯がベストです。熱すぎるお湯だと、お肌の保湿に必要な皮脂を取りすぎてしまい、かえって肌荒れや乾燥の原因となります。また、冷たすぎる水は、毛穴が閉じてしまうので皮脂に詰まった汚れが十分に落とせません。

4.洗顔料が残っていないか、鏡で確認する

両手いっぱいにぬるま湯をためて洗顔料をすすぎましょう。まずは顔の中心全体を洗い流します。その後、顔の上から順に泡を落としていきます。すすぎはだいたい20回ぐらいが適度な回数といわれています。

丁寧に20回ほどすすぎを行ったら、洗顔料の洗残しがないか確認します。あごやこめかみ、髪の生え際は洗顔料が残りやすい部分。最後に鏡で泡が残っていないか確認してみてください。

5.タオルで顔をこすらずに、水分を吸わせるようにする

顔についた水気を乾燥した清潔なタオルでふきとります。その際は水分を吸わせるようにして水気をふきとりましょう。タオルでごしごし顔をこすると、摩擦で肌を傷つける場合があります。

洗顔後の肌はとても無防備でデリケートな状態です。敏感肌の人は、可能であれば、吸水性の高くてふわふわした肌触りの優しいタオルを使うようにしましょう。

6.すぐに化粧水をつけ、じっくり保湿する

洗顔で、毛穴の汚れと一緒に保湿に必要な皮脂も洗い流されてしまうため、洗顔後のお肌の乾燥した状態です。そのため、洗顔後はすぐにスキンケアをしてお肌の水分を補給します。

まず、化粧水をたっぷり使ってお肌に水分をなじませます。最後に乳液をつけて、乳液の油分でフタをして、化粧水で補った水分を逃さないようにしましょう。