化粧水に含まれるグリセリン・BG・DPGの役割

敏感肌向けの化粧水などスキンケア化粧品の成分によく含まれるグリセリン・BG・DPG。水を除き、多くの化粧水のメイン成分として使われています。この3つがどんな成分なのか、化粧水に使って期待できる効果、お肌への安全性について詳しく調べてみました。

グリセリン・BG・DPGは主に保湿成分として含まれています

化粧品におけるグリセリンの働き

  • 化粧品成分表示名称…グリセリン
  • 医薬部外品表示名称…グリセリン、濃グリセリン

グリセリンとは、天然油脂を鹸化(けんか)、もしくはプロピレンという炭化水素の一種から合成してできた吸湿性と保水性に優れた成分です。石油由来と植物由来のものがあり、化粧品ではヤシ油、パーム油などを使った植物由来のものが主に使われています。

吸湿性と保水性に優れていることから、化粧水をはじめとした化粧品では、肌の角質層の保湿効果を高めるために配合されます。グリセリン単体でも十分な保湿効果が期待できますが、ヒアルロン酸やコラーゲンと一緒に使うとよりお肌の潤いが保てるといわれています。

そのため、スキンケア・メイクアップ化粧品、ボディ・ハンドケア製品、洗顔料、シートマスクなさまざまな化粧品に使用されています。水に触れると発熱するため、温感作用のあるマッサージ料、クレンジング料、シートマスクなどにもよく使われています。

皮膚刺激姓、アレルギー性がほとんどないため、敏感肌の人でも安全性に問題のない成分と考えてよいでしょう。ただし、アクネ菌が増殖しやすいという特徴もあるため、オイリー肌やニキビができやすい人は注意が必要です。

化粧品におけるBGの働き

  • 化粧品成分表示名称…BG
  • 医薬部外品表示名称…1,3-ブチレングリコール

BGとは、アセトアルデビドのアルドール縮合物に水素添加してできた吸湿性と保水性に優れた成分です。グリセリン同様、石油由来と植物由来のものがありますが、主に石油由来のものが使われています。

非常に高い吸湿性と保水性を持っているのでBGも化粧品では保湿剤に使われています。同じ保湿剤でもグリセリンと比べてベタつきが少なく、使用感が軽い点が大きな特徴です。BGもスキンケア・メイクアップ製品、ボディ・ハンドケア製品、洗顔料など幅広い化粧品に含まれています。菌が育ちにくい環境を作ってくれるため、防腐剤やビタミンC酸化防止のために化粧水に配合されることも少なくありません。

また、植物エキスを抽出するために使われることもあります。化粧品成分表示の先頭の方にBGがあれば保湿剤、後ろの方にあれば植物エキス抽出のために使われています。

皮膚刺激性やアレルギー性はほとんどありませんが、眼性刺激は起こる可能性はあります。しかし、総合的にみて敏感肌の人でも安全性に問題のない成分とみなされています。

化粧品におけるDPGの働き

  • 化粧品成分表示名称…DPG
  • 医薬部外品表示名称…ジプロピレングリコール

DPGとは、PG(プロピレングリコール)を脱水縮合してできた保湿性と保水性に優れた成分です。

グリセリンやBGと同様に化粧品の保湿剤に使われています。他の成分を溶かす働きがあるため、水やアルコール、油脂などと混ぜて使われることも少なくありません。ベタつきが少なくて使いやすいため、スキンケア・メイクアップ化粧品、ボディ・ハンドケア製品、洗顔料、シートマスクなど幅広い化粧品で使われています。保湿力が抜群で、防腐効果に優れていることからBGの代用品として使われることも少なくありません。

皮膚への刺激が強いPGと比べて、皮膚刺激性やアレルギー性がほとんどありません。そのため、敏感肌用の低刺激タイプの化粧品に使われるケースが目立ちます。化粧品に含まれていても十分に安全性の高い成分と考えて問題ないでしょう。

DPGに期待される効果

DPGは、水分を吸着することによって、保湿効果を発揮する成分です。DPGの保湿力は、セラミドやプロテオグリカン、コラーゲン、ヒアルロン酸などと比べると低いですが、保湿以外の働きもあります。

DPGを配合すると、すべりや伸びが良くなります。そのため化粧水や美容液、ファンデーションなどの化粧品にも、多く使用。シャンプーにも、保湿剤や感触を良くする成分として、配合されることがあります。

リンゴやとうもろこしなどの自然食物から作られるDGPは、化粧品だけでなく食品にも使用可能。ハムをはじめとした加工品には、食品添加物として使用されています。自然由来の成分のため、地球にやさしいというメリットもあります。

また化粧品にDPGが配合されていると、テクスチャが柔らかく、使い心地が良くなるという効果があります。

DPGの安全性

DGPは、自然の食物から作られた成分のため危険性は低く、環境への影響も少ない成分です。

ただ、量が多いと皮膚や粘膜へ強い刺激を与える恐れがあるため、化粧品に使用する場合は、1.0%までと決められています。配合割合は決められているものの、毒性は極めて低いため、幅広い化粧品に配合されています。

日本化学物質安全・情報センターが公開している「初期評価プロファイル」によると、10年以上の使用実績において、人への重大な皮膚感作は報告されていません。

また、2009年にサティス製薬が発表した研究調査によると、DPGがニキビの原因となるアクネ菌を増殖させる可能性も、ほとんどないことがわかっています。

つまり、化粧品に配合されているDPGの安全性は高く、一般的に皮膚への刺激性はほとんどないといえるでしょう。

ただし目への刺激性が認められるため、DPG配合の化粧品を目の周囲に使用する際は、目の中に化粧品が入らないよう注意が必要です。

PGとDPGの違い

PGは、グリセリンに比べると粘度が低く、さっぱりとしたテクスチャで、使い心地が良い保湿成分です。保水性と吸湿性が非常に高いことから、化粧品に配合されることが多くなっています。

化粧品に配合される場合は、保湿作用や安定化剤、透明化などの目的で、洗顔料や石鹸、スキンケア製品、メイクアップ製品、ヘアケア製品などに使用されています。

1993年に資生堂が行った成分分析によると、PGはDPGより保湿作用や抗菌性が高いことがわかりました。

また、「Cosmetic Ingredient Review」や「日本化学物質安全・情報センター」が発表している試験データによると、皮膚への刺激性や目への刺激、アレルギー性、皮膚感作性などもほとんど認められないことがわかっています。

ただ刺激性については、化粧品に配合されているその他の基剤成分によって、DPGよりもPGの方が高い数値を示す場合も。そのため、複数の基剤成分が配合されている化粧品では、まれに皮膚トラブルが起こる可能性もあるようです。

お肌に刺激を与える成分ではないため、安心して大丈夫です

グリセリン、BG、DPGはどれも化粧水をはじめスキンケア・メイクアップ化粧品、ボディケア製品、洗顔料、シートマスクなど化粧品や医薬品によく使われる成分。どの成分も基本的に保湿剤や化粧品を長持ちさせる防腐剤などの安定剤の役割を果たしています。どれもお肌への刺激がほとんどなく、安全性も問題ありません。敏感肌の人がお肌の潤いを保つために欠かせない化粧品に含まれるべき成分といってよいでしょう。