乳液orクリームorオイル 敏感肌さんは何がベスト?

化粧水で補った水分を閉じ込める代表的なスキンケアアイテムに乳液、クリーム、オイルがあります。敏感肌さんはどれを使うべきなのでしょうか?それぞれの特徴やメリット、デメリット、敏感肌さんにおすすめのアイテムをご紹介します。

化粧水で浸透させた水分をしっかり閉じ込める

スキンケアでの化粧水の役目は、お肌に表面を整えて、角質層の奥まで水分を補給することです。しかし、化粧水だけでは十分なスキンケアとはいえません。化粧水の成分の大半は水分。時間がたつにつれて、お肌につけた化粧水の潤いや有効成分が蒸発して失われてしまい、かえってお肌の乾燥を招く原因となります。化粧水をつけたあとは、油分が含まれた乳液やクリーム、オイルなどでお肌の表面に膜をつくって、水分をしっかり閉じ込めましょう。

乳液orクリームorオイルそれぞれの魅力を探る

乳液

乳液は、お肌の角層の水分と油分を補うためのスキンケア製品です。刺激が強い成分や添加物が含まれていると、敏感肌の人は肌にヒリヒリとした痛みや赤みを感じることも。肌に優しい低刺激の成分が含まれた乳液を選びましょう。

乳液のメリット

  • 化粧水だけだと届きにくい真皮以下に有効成分が届きやすい
  • 水分と油分がバランスよく配合されているので、水分の多い化粧水と油分の多いクリームとの間のつなぎとなる
  • クリームより油分が少ないので、使用感がさっぱりしている

乳液のデメリット

  • 油分多めの乳液を使うと、ニキビなど肌トラブルの原因となる
  • 間違った使い方をするとお肌のバリア機能を低下させてしまう場合もある

クリーム

クリームは、皮膚の表面に油の膜をつくって、お肌の水分の蒸発を抑える働きがあるスキンケア製品です。刺激の強い成分が含まれていると、敏感肌の人は肌が赤くなったり、痛みを感じたりする場合もあります。敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しているため、セラミドが多く配合されていて低刺激の成分が含まれたものを選ぶと良いでしょう。

クリームのメリット

  • 油分が多くて水分の蒸発を防ぐ働きがあるので、乾燥しやすい冬でもお肌をしっかり保湿できる
  • 水分量が少ないので、美白、保湿、エイジングケアなどの美容成分をたっぷり配合できる

クリームのデメリット

  • 油分が多いので、皮脂の分泌が多い夏場に使うとニキビの原因となる
  • 使用後は、こってりと重い感触が肌に残るので、ファンデーションのノリが悪くなる

オイル

オイルは肌のキメを整えたり、潤いをプラスして乾燥を防いだり、お肌にハリやツヤを与えてくれるスキンケア製品です。一般的に美容オイルと呼ばれていて、天然植物由来のものが多いので、低刺激で敏感肌の人でも使いやすいといわれています。

オイルのメリット

  • 肌表面にある皮脂膜とオイルがなじみやすいので、お肌との相性が良い
  • 短時間でお肌になじみ、お肌の表面がしっとりサラサラになる

オイルのデメリット

  • お肌の表面が油分でしっとりしているので、お肌の水分蒸発に気づきにくい
  • 一度オイルを塗ると、お肌の表面に膜ができるので、お肌が乾燥しても水分を与えることができない

実はオイルは刺激が強い?

オイルの保湿効果は一時的な水分蒸発を防ぐだけ。根本的なお肌の乾燥を改善するものではありません。そればかりか、インナードライ肌の人は美容オイルを使うことで毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができる原因となることも。

また、酸化したオイルの刺激でお肌が赤くなる恐れもあります。そのため、乾燥性のある敏感肌の人にとって、お肌の乾燥をさらに悪化させる可能性があるのでオイルは不向きといえます。

お肌の状態を見極めて、乳液とクリームを使い分けましょう

敏感肌の人がお肌の奥まで保湿成分を浸透させるのであれば、乳液とクリームがおすすめです。2つとも「お肌の潤いを保ち」「お肌を保護する」ためのスキンケアアイテムであるため、どちらを使えばいいのか迷うのではないでしょうか。お肌の乾燥具合や季節に合わせて乳液とクリームを使い分けしましょう。

たとえば、インナードライ肌の人は、皮脂の分泌量が増える夏場は、油分の少ない乳液だけでも問題ありません。また、お肌の乾燥がひどい人は、乾燥しやすい冬場は、乳液のあとにクリームを重ね付けして、しっかり保湿するとよいでしょう。

敏感肌さんに美容液は必要?

美容液には、美白、アンチエイジング、保湿など化粧水や、乳液、クリームよりも多くの美容成分が配合されています。しかし、ビタミンC誘導体やハイドロキシンなどは、敏感肌の人にとって刺激の強い成分を含む美容液もあります。そのため、敏感肌の人は、化粧水でたっぷりと水分を補ったあとに、乳液やクリームで化粧水の水分が蒸発しないようお肌にフタをしてあげれば十分といえます。